鈍過ぎた自分が情けない

私には、小学生の頃からずっと一緒の幼なじみの男子がいます。親同士が仲が良いので、いつでも一緒にいたような気がします。

そして、私が困っている時や落ち込んでいる時には、いつも傍で励ましてくれました。

その存在を当たり前だと思いすぎていたのです。

ある日、私は自分の恋愛相談をしました。

彼は、いつものように真面目に話を聞いてくれましたが、途中で話を遮りました。

そして、そんな奴はやめて自分にしろと言われたのです。そんな風に私のことを考えてくれていたなんて、ちっとも気付きませんでした。

だから、驚きの方が大きくて、その時の記憶がほぼありません。

すごく嬉しかったのに、私は彼のことを幼なじみ以上には思えなくて、断りました。

それ以降、気まずくなり連絡をしていません。でも、彼に会いたいです。